歯医者や審美歯科、一般病院の歯科治療との違い

医療機関

iryouhou

特に意識する事もなく利用している病院ですが、これには様々な種類分けがされています。
まず、病院とは医師や歯科医師が患者さんに医療を提供する場所の事を指していますが、「病院」として定義されているのはベッドの数が20以上ある入院施設を持っている事が条件です。
それ以下の医療機関は病院ではありません、厳密に言うと診療所になります。
歯医者審美歯科、入院施設の無い内科等は全て診療所(医院)と分類されています。

診療所よ病院では、それぞれに役目があります。
診療所は通院や在宅診療をメインとした、プライマリーケアを目的に行っています。つまりは、初期段階の医療を行う場所ですね。
それとは違い、病院は通院治療以外に入院、手術を必要としている病気やケガの治療に当たれる場所となっています。
高度な医療技術や器械を必要とする場合は、組織的に医療行為が運営されている病院で治療をする事になります。

医療法

iryoukikan

医療機関を患者側が選択しやすくなるように、平成4年には医療法が改正されました。
それによって、一般、特別医療支援、特定機能の3種類に医療機関は分類されました。
この分類分けにより、適している人がその機関を利用し、治療に励めるようになったのです。

詳細

一般の医療機関として、厚生労働省側から定められている条件は、ベッド数が20以上である事です。
そして、通院や入院診療で一般的な治療が可能な患者を対象としている場所を指しています。
この一般の医療機関には、精神病、感染症、結核、療養病床は含まれておらず、あくまで比較的軽傷な人を治療する場所として位置付けられています。

次に地域医療支援型の医療機関ですが、これは過去にあった総合医療機関のような物になっています。
平成9年に厚生労働省が決定した法改正により総合医療機関から改られ、現在の地域医療支援と言う形になりました。
この医療機関だと認定される為に必要な条件は、ベッドが200以上あり、24時間体制の救急医療を提供する事が条件です。
更には、研修会等を開く事も条件野中に入っています。
この医療支援として位置づけられている病院は、一般の診療所と、特定機能医療機関への橋渡し的な要素も持っています。

特定機能医療機関として認定される場所は、内科、外科等の診療科が10以上あり、400以上のベッドを構えている事が条件です。
更に、無菌室や集中治療室と言うような特別な設備を持っており、非常に高度な設備や医療機器での治療が可能な病院の事を指しています。
基本的には、この病院を利用する場合は診療所等の紹介になっています。


関連リンク

川越市で安心の治療を受けれる歯科:本川越クリニック
歯科医院の開業物件情報なら「歯科医院物件調査サイト」
横浜で通いやすい審美歯科なら*ながい歯科クリニック
藤沢で人気な歯科院なら:あらやしき歯科医院